:: feu d'un phare  ::

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2007.02.09[金] アリガトウ

えー!!
ホスト集大成のCDが出たのー!?
マヂかよぉぉぉっ!!
それってアマゾンでも買えんの!?






金曜日の昼下がり
携帯の電波が激しく悪い
マンション2Fから
北風が刺さるように痛いので
ショールをマチコ巻きした一人の
女性がベランダで会話をする・・・


布団を取り込んでた隣人が
チラッと覗き込み


多趣味ですね・・・



と布団叩きを持って
固まったまま覗き込んできた




でへへ♪ヾ(´ε`*)ゝ
作り笑いをし
早々に部屋へ戻ろうとしたら




あいにくベランダで
使用している
ダッセーゴムサンダルが
足にまとわりつき
倒れこむように部屋に雪崩れた





姫ちん金曜昼下がりへようこそ♪
マチコ巻きは平成でも活躍中!!
こんばんはー姫ちんでっつ!!



先日ポストを見ると
大きい封筒が届いていた
一生懸命に書いた宛先と
裏には「おばあちゃんより」
と書かれた一通の封筒



中を開けてみると
真っ白なモヘアで編まれた
マフラーが入っていた



「姫ちゃん。毎日お勤めお疲れ様。
毎日寒い中大変でしょうね。
年寄りが編んだつたないマフラーだけど
姫ちゃんの首を冷やさないようにと
毎日少しずつ編みました。
おばあちゃんからの
少しばかりのプレゼントよ。
もうすぐ誕生日ね。
毎年、この日がくると
初めてあなたを抱いた事を思い出します。
姫ちゃんも、もうお母さんなのに
こんな事言ってごめんなさいね。
体に気をつけて。
自分をいたわってあげるのよ」



真っ白なマフラーを手に
涙が止まりませんでした。
今年90歳になる
私の祖母からのプレゼントでした


一人でこの毛糸を選び
とても小さな体で
ひと目ひと目を編んでくれた
その時を思うと
もっともっと
大切にしてあげたい気持ちが
あふれ出てきました


耳の遠くなってしまった祖母に
手紙でお礼を書き
そこに手袋を同封しました


いつも暖かい手で
小さな時は
私の手をいつも握ってくれました


「おばあちゃんダイスキ」


あの時ギュッと
おばあちゃんの手を握ったように
今度逢った時は
おばあちゃんの手を握ってみよう


アリガトウ。。
毎日暖かいマフラーが
私を守ってくれています








    19:23  Top
access
 Welcome
hime

hime

Author:hime
姫*管理人
オットと高3の息子(子姫)
そして2008.2.29(4歳)
閏年に娘のはるさんを出産
高校生と保育園児の
愉快な日々を綴ります。

time
twitter
Two growth records
musume
petit
comment
QRコード
QR
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。