:: feu d'un phare  ::

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2007.05.24[木] 歩み寄る大切さ

息子は4月から陸上部に入部しました。
小さい時から喘息の持病があり
まさか陸上部を選ぶなんて
思ってもみなかった出来事でした
走る事が苦手で
運動会のかけっこはいつもテープを切れず
泣いてばかりいた子でした


そんな息子が
毎日一生懸命、陸上に注いでます



先日まだ数回しか履いてない
新品のスパイクを自分の不注意で
なくしてしまいました


「ごめんなさい。スパイクなくしちゃった」
と頭を下げる息子。
きっと私から叱られると思い
これを伝えるのにすごく時間が
かかったような
雰囲気でした。



彼ももう中学生。
どんなに叱っても、彼に伝わらなきゃ
意味はないと思った。



ゆっくり話した
物がどんなに大切かと言う事を
彼に伝えたかった。


うちは一人っ子なので
きっと兄弟がいる家庭より
物を与えていたかもしれない
けれど、なくしたから買う。。
そういう事だけは教えたくない
だから彼にも、きちんと伝えたかったんだ



自分の想いをうまく伝える事が苦手な子。
それが誰よりわかっているから
私は聞いたんだ。


「先生にうまく伝えた?」と・・・



案の定「スパイクをなくしてしまいました」
としか伝えられなかったらしい。



ならば伝えてみようよ。
ねぇ。子姫。
もうちょっと人に歩み寄っても
いいんじゃないかな?
キミが伝えたい事、それだけじゃ
ないはずだよ。


人は歩み寄れば
必ず距離が縮まる
どんなに苦手な人でも
必ず誤解していた点があるはずだよ
自分から手を離してしまうのは
男らしくないよ。
だから言葉で伝えるんだ
もっと歩み寄ってみるんだ



翌日。
「俺、今日先生に必死で伝えた」
といつもと違う目で帰ってきた息子



「先生。しばらくスパイクはなしで
部活をやらせて下さい。
そして、スパイクが届けられたら
すぐに教えて下さい」
と彼なりに言ったらしい。



数日後。
彼の歩み寄りは届いた。


先生の元にスパイクが
届けられていたのだった。



スパイクが見つかったんだよ!!
と嬉しそうに抱え帰ってきた息子


良かった。。。
本当に良かった。。。
なくしたスパイクが見つかった事より
彼が自分なりに人に歩み寄った結果が
出たという事
母としてすごく嬉しかった。



それから息子は毎晩どんなに疲れても
大事そうにスパイクを磨く
「もうどこにもいくなよ」と
告げたそうに一生懸命磨いている
そんなけなげな後ろ姿に
明日も頑張れ!とエールを送りたい
    18:11  Top
access
 Welcome
hime

hime

Author:hime
姫*管理人
オットと高3の息子(子姫)
そして2008.2.29(4歳)
閏年に娘のはるさんを出産
高校生と保育園児の
愉快な日々を綴ります。

time
twitter
Two growth records
musume
petit
comment
QRコード
QR
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。