:: feu d'un phare  ::

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2008.03.31[月] お別れ。

ちょっぴりバタバタしていますが
今日は3月最後ですし
いろんな意味で記録に残しておきたいので
やっと時間が空いたのでちょっぴりカキカキしにやってきました



金曜日の一ヶ月検診から翌日
桜も満開な中で、お宮参りに行ってきました。

当日は自分の支度どころではなく
う~ん。。。
私的には出産からの一ヶ月ってとっても忙しいじゃないですか
出産~入院~帰宅~育児に授乳~睡眠不足
それに加わり、お祝いなどをいただくと
お礼の手紙を書いたり
内祝いの準備を始めたり。。。


の中で、お宮参りの準備って
ぶっちゃけ、すっげ無理があるっ!!!←本音。


しかし、うちは両家とも実家が近く
ホレ、何々をしなさい~とか、お告げをおっしゃってくれるので(汗)
ありがたく指示に従ってマス・・・ハイ・・・

当日のベビ子さんは、


前日、ものっそい便をご出産されたため


疲れきって爆睡でした(;´Д`)ハァハァ

境内は桜が満開で、お宮参り日和でした
その後は家族での会食を楽しみ


この時とばかりにガツガツ食ってきました(ヲィ。)


お宮参りも無事に済み
ちょっぴり心配事があったので早めに帰宅してきました。


うちは二羽のうさぎを飼っているのですが
オスのジェットが2日ばかり餌を食べずにいたので
様子がきになっていたのです。

やはり帰宅してからも、餌は食べておらず
最近、ベビ子が生まれてからは
ゲージばかりで過ごさせてしまったので
今日はゲージから出してあげようという事になりました。


警戒からなのか、一歩も出ようとしないジェット。
出てごらん♪とオットが抱き上げ歩かせたら
腰を抜かしたように、後ろ足がまったく動かないのです。
引きずるようにして、なんとか前足だけで動こうとするジェット。


うさぎは、ちょっとした事でも腰が抜けてしまう事があると
ネットで見たことがあったので
明日は朝一番で病院へ連れて行こうと家族で話し合い
朝を待ちました。

心配だったので、私の寝る部屋で夜を過ごさせたのですが
夜中の授乳の時も、やはり足は辛そうでした。
深夜に何度も声をかけ、朝が来るのを待ちました。

朝7時。
オットが仕事に出ようと起きた時
ジェットに声をかけ撫でていたら
突然もたれ掛かるようにしてオットの手のひらに顔をうずめたそうです。


様子が変だ!!
私と息子も慌てて飛び起き
何度も何度もジェットの名前を呼びました


それから数時間後
ジェットは天国に行ってしまいました

つい、今朝方まで名前を呼ぶと反応し
こちらに近寄ってきていたジェット
それが数時間後には呼吸もしてないなんて信じられませんでした


オットも私も息子も
涙が枯れるまで泣きました。

五年前。
息子が小学校2年生の時に
「僕も兄弟が欲しいんだ」といった時があったんです。
もちろん、息子には兄弟を作ってあげたかった
けれど、こればかりは授かり物なので
すぐに与えてあげる事は不可能だったのです。

何度も何度も息子にごめんねと言いました
すると息子は、たまたま行ったペットショップで
「僕の兄弟はこの子だよ♪」と指を指して真っ白なウサギを指しました
つぶらな瞳でこちらを見るウサギに私達は迷いもなく
そのうさぎを連れて帰る事にしました。

ジェットという名をつけて飼い始めて数日後。
ジェットの後ろ足の爪がひとつもない事に気づきました。

慌ててペットショップへ電話をすると
「取替えますよ」とあっけなく言われましたが
私達は何も返す言葉もなく
「結構です」と電話を置きました。

私達がペットショップへ電話したのは
取り替えて欲しくてダイヤルを回したんじゃないんです。
万が一、このままこの子が病気になって
他の子より早く旅立ってしまうことが心配で
一刻を争うようなことならば、病院へ連れて行かなければと
思っていたから。。。

きっと先天性のものだったんだろうね
でも、この子が元気でいてくれさえすれば
たとえどんな姿でも私達にとって大切な家族だよ

それから5年9ヶ月
いつでもどこでも一緒でした。
旅行の時には連れて行き長旅を体験した事もありました

いつでも一緒だったジェットが呆気なく旅立ってしまった事に
そんなに行き急がなくてもいいじゃないか。。。
と家族中が涙を流しました


その夜。
ペット霊園の方がお迎えにくる前に
オットが花束を買ってきてくれました
春らしいお花に囲まれたジェットは
まるで呼吸をしているようでした


お迎えのために玄関のチャイムが鳴った時
家族の誰もが行かないでと泣きました

兄弟のように過ごしてきた息子は
泣き崩れるように嗚咽をあげて泣きました

最後に家族中に撫でられ
旅立つ姿はとても綺麗でした

今日。彼は小さなお骨になってしまいました。
小さな小さなお骨は
フワフワだった毛がまるで嘘のように小さくなっていました。


今日、私の住む町は
彼の焼かれている時刻は雨でした。
まるで私達の涙のようにシトシトと降り止まなかった

けれど、午後には夕日が真っ赤に染まるほど
綺麗な綺麗な夕焼けでした。

きっとジェットが、もう泣かないでって言ってくれたのかなぁ


私達家族は、まだまだ涙が止まりません
ジェットの存在がとても大きすぎて
いなくなってしまった事が信じられない


ゆっくり元気を取り戻していきたいと思っています
彼を忘れるんじゃなく
ありがとうと感謝できるように。。。。



にほんブログ村 子育てブログ 歳の差兄弟・姉妹へ



Comment
2008.04.02 Wed 16:40  姫@管理人 #-
★うごりしゃん←姫

そろそろうごりしゃんもお宮参りの準備の頃ですかね?
ほんと、生まれてからこの一ヶ月ってすさまじいくらいに忙しいですよね~。
無事にひとつひとつ終わるとホッとします・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・

うごりしゃんのおうちにもワンちゃんとお住いなんですよね?
ベビと動物のいる生活というのはタブーとされていますが、
私はそれでもこの生活でよかったと言えそうです☆

ゆっくりと想い出にできますように・・・☆
ありがとうございます・・・☆
  [URL] [Edit]
2008.04.02 Wed 00:12  うごり #-
満開の桜の中、お宮参り よかったですね(・∀・*)b
ベビ子ちゃんが今後も健康ですくすく成長してくれますように♪

ジェット君・・・お悔やみ申し上げます・・・
大切な家族の旅立ちはほんと辛いですよね。
私は幼少の頃から 常に動物たちと一緒に暮らしています。
旅立たれる辛さ・・・どうしょもないですよね。
でも、ジェット君は家族にすごい愛されて幸せだったと思います!
悲しみはすぐには癒えないと思いますが、沢山の思い出がいつか悲しみから楽しかったことへの思い出になってくれますように☆ミ

ジェット君のご冥福をお祈りいたします。
  [URL] [Edit]
2008.04.01 Tue 14:13  姫@管理人 #-
みぃちゃん
お蔭様で無事に一ヶ月を迎え、お宮参りも済ませる事ができました。
生まれてから一番初めの行事がお宮参りなので、やっと一つ目の節目を迎えられた事がすごく嬉しいです☆


ジェットがうちに来てくれたのが、子姫が二年生。
今ではもう中学二年になろうとしているんだもんね。
ジェットは本当にいつも傍にいてくれて、私達を見守ってくれていました。

きっと天国へ行っても、彼は私達の事を守ってくれると思うしね私達もいつまでも忘れる事のできない家族です。

まだまだ涙は止まらないけれど、みぃちゃんが言ってくれているように、本当の意味で気持ちが落ち着いた時にさようならといえるのかもしれないなぁ☆
お別れって辛いけれど、頑張ります
  [URL] [Edit]
2008.04.01 Tue 12:48  みぃ #1jYswTM6
ベビ子ちゃんお宮参りも済んだのね。
おめでとう!&お疲れ様でした。
ひとつの節目を越えてスクスク大きくなっていくんだね。

ジェット君・・・
姫のおうちに来た日のこと、私もよく覚えてるよ。
子姫っち、とっても可愛がっていたもんね。
姫は先天的な病気がわかっても愛情持ってお世話してたもんね。
勝手に逝かず、皆に看取られて最後を迎えれたのは
ジェット君から「今までありがとう」という気持ちからじゃないかな。
辛いよね。
流れる涙は止めなくていいよ。
悲しい時は思いっきり泣けばいいよ。
気持ちが落ち着いた頃本当の意味でさよならが出来るから。
最愛の家族との別れがが家族の絆を一層強めるんだよ・・・。
頑張れ!姫!

  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kiraridorop.blog22.fc2.com/tb.php/422-8f5e656a
access
 Welcome
hime

hime

Author:hime
姫*管理人
オットと高3の息子(子姫)
そして2008.2.29(4歳)
閏年に娘のはるさんを出産
高校生と保育園児の
愉快な日々を綴ります。

time
twitter
Two growth records
musume
petit
comment
QRコード
QR
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。